092-985-2686

MENU

indoor

😢体育館へのアプローチ😊

こんにちは。下原教室の森﨑です。

これまで、すきっぷ日誌で
跳び箱やマットなど
様々な運動を紹介してきました。

体操をする親子のイラスト

なかでも前回ご紹介した体育館での活動は
保護者の方々からも
「体育館楽しかったと言っていました!」
「新体力テストの点数があがりました!」
と、ありがたいお言葉をいただいております。

(以前の記事を見ていない方はこちらから→集まれ!すきっぷ体育館!!)


体育館やグラウンドでの活動は
人数・広さ・時間など
普段の教室では体験することができない環境で
運動に取り組むことができます。

これは
学校で取り組む「体育」の授業
に一番近い形で運動ができる環境です。

体育でダンスを踊る生徒のイラスト

不安な気持ちや苦手意識を持って体育に参加するのではなく
体育館やグラウンドで練習し経験を積むことで
不安解消!自信を持って!
体育に参加することができるのです!!


しかし、みんなが最初から
活動に参加できるわけではありません。

「人数が多いからイヤだ」
「苦手だからやりたくない」
「ルールがあって、自由にできないから嫌い」
など様々な理由から
集団での運動に参加できないお子さんもいます😢

引きこもり・登校拒否のイラスト

なかには運動は好きだけど、体育館は大嫌いだ!!
というお子さんもいらっしゃいました。



そんなにイヤなのであれば、仕方ないか...

ちょっと待った!!

タイムのポーズ(女性)

すんなり諦める
すきっぷスタッフではありません!

体育館に対してポジティブなイメージを持ってもらえるように
さまざまなアプローチ開始!

運動会のスターターのイラスト




①「人数・初めての人が不安」へのアプローチ

参加するお友達の顔写真や学年、好きなことなど
プロフィールを作成し、事前に確認することができます。


②「広さ・場所が不安」へのアプローチ

実施する場所の写真や休憩するスペースなどを見える化し
事前に安心な場所を確認することができます。


③「時間・内容が不安」へのアプローチ

スケジュールを作成し、何があるのか事前に確認することができます。
また、種目ごとに配置図も作成し、並ぶ場所の確認もできます。


④「自分の気持ち」へのアプローチ

毎回気持ちのグラフを活用し、自分の気持ちを確認できます。
子どもたちの気持ちや思いを、内容に反映することで
より楽しい活動を実施することができます。


一部ではありますが
このような支援を行うことで
体育館にいくことができなかったお子さんも
今では笑顔で体育館を走り回ってくれています😊


すきっぷでは
その子に応じた段階的な支援を行い
不安や苦手意識の解消をすることで
人数が多く、広くて、長い時間の運動でも
楽しく身体を動かすことができる楽しさや喜びを
感じていただけるよう
今後も試行錯誤しながら取り組んでいきます。


お・ま・け

すきっぷでは
気持ちへのアプローチだけではなく
専門的な知識を持ったがスタッフが
機能面へのアプローチも行い
その子に適した療育を心がけています。

新着記事


MENU
MENU